2014.03.05

二江港でちょい釣り

P3040017
釣場探索した御領漁港が消化不良だったので
帰りにちょこっと二江港に寄ってみました
 
日没までの1時間ほどで何がしか釣りたいです
 
P3040019
漁港内の表層をワームではやく巻いて
探っているとすぐにメバルがヒット
ルアーはキビキビナーゴ+1.5gジグヘッド
 
この雑な釣りに反応するということは活性は悪くなさそうです
メバルは一般的に冬がシーズンで
低水温には強いイメージがありますが
それでも1~2月あたりに水温が下がりすぎると
やはりイマイチ釣れなくなる印象です
春らしい温暖な日がこのところ増えてきたのと
そろそろ初冬の産卵期からの回復が期待できるので
これから上向いていきそうです
 
P3040020
二江港西側には沖堤防があり
それが潮の流れを切って水のよれをつくっているので
それを狙ってワームを投げるとアジゴが反応してくれます
 
P3040022
 
P3040024
日没までに数匹アジを追加
元気 元気cat
 
というわけでメバル1匹アジゴ5匹でした
とりあえずボウズは回避できて良かったです
短時間でもたくさん反応があって楽しめるのが
メバリングなどライトソルトルアーのいいところscissors
 
二江漁港はアジ・メバルだけでなく
エギを持っていかなかったので狙えませんでしたが
アオリイカも数匹見かけたりと生命感が感じられ
しっかり釣行すれば期待できそうでした
 
さあ、いよいよ多くのターゲットが冬の眠りから目覚める3月です
次こそは春らしい釣果を出しますpunch
 
二江漁港の場所はココ
 
関連記事
江樋戸港でちょいメバリング(2014.02.12)
キンギョング 通詞島周辺(2013.12.30)
  

御領 メバル探索

P3040009
本渡市街地近郊の御領漁港
天草では中規模くらいのサイズの漁港で市街地からも近いですが
あんまりルアーでいろいろ釣れた情報を見たことがありません
ポイントとしてはイマイチなのかな?
というわけで昨日昼過ぎから釣場探索してきました
 
P3040004
今回は干潮時間帯で全く水がありませんでしたが
漁港内には貝津川・中洲川が流れ込んでおり
潮位とタイミングによってはシーバスが狙えそう
 
P3040005
水深がある船着き場付近の底を探ってみますが
河川から流れ込む砂泥の溜まった底質のため
メバル・ガラカブにはイマイチかな
 
P3040014
御領漁港の恵比寿様
いつものように大漁祈願
 
P3040010
漁港の堤防
 
P3040011
堤防先端の石積み
 
P3040012
堤防外側のテトラ
 
堤防周辺は広く砂底が広がっているので
水の動きと底の変化のある みお筋 が
一番の狙いどころになりそうです
ここはむしろエギングのポイントかな

思いつきで潮も見ずに訪れたら完全に干潮時間帯で
浅すぎて残念ながらほとんど釣りになりませんでした
メバリングに関しては穴場的な感じはありませんが
潮位の高いときにまた釣ってみたいです
 
P3040007
 
P3040008
漁港そばに『きのどんさま』と呼ばれる
不思議な名前の神社があった
 
御領漁港の場所はココ
 
関連記事
下浦 メバル探索(2014.01.29)
本渡港でメバリング(2010.01.08)
  
 

2014.02.12

江樋戸港でちょいメバリング

天草の北岸から風景を見渡すと
いつも見つけることができる湯島という離島があります
その島に以前から釣りに行ってみたかったので
昨日 湯島行きの船のある江樋戸港(えびとこう)へ出発しました
 
未知の場所への釣行に期待を膨らませつつ到着
10時からの船で行くつもりだったのですが
なんと強風のため湯島行きの船が欠航中・・・crying
残念ですが せっかくここまできたので
江樋戸港で少し釣りをしてみることに
 
P2110004
江樋戸港は先月の釣行で訪れているので
前回良かったところをテンポよく打っていきます
 
ひどい強風が吹いているので祝日ですが釣り人ひとり居ません
ライトタックルのメバリングではかなり難しそうです
それでいて快晴で太陽光が強く 魚の活性はあまり期待できなさそう
潮がどんどん引きはじめているのではやく釣らないと
釣りができないほど浅くなってしまいます
 
P2110002
前回釣行では堤防外側のゴロタにメバルの姿があり
わりとコンスタントに反応が得られましたが
状況が変わったのか魚影は消えていました
そこで灯台のある堤防の先端から追い風にのせて
ワームをロングキャストして広く探って1匹目
常吉メバルスペシャルシャッドテール+2gジグヘッド
 
単発だったのかそのあとアタリが遠のきます
 
P2110007
ちょっと厳しそうなので移動しようかと考えていると
漁港内のこんななんでもない石積み護岸のところに
見えメバルを発見しました
 
P2110003
影を落とさないように注意しながら
ワームを落とし込むと18cmくらいのメバルがヒット
 
P2110005
 
P2110006
目に見えるポイントですが
岩陰に魚が隠れているのか同ポイントから2匹追加
 
1時間やってなんとか4匹釣れましたが
さらに日が高くなり干潮が近くなって追加は難しそうなので移動
その後 大矢野島北部の岩谷漁港にも足を伸ばしますが
強風でぜんぜん釣りにならず午前中で退散してきました
 
というわけで湯島釣行は風に阻まれ
少し大矢野でメバリングを楽しんだだけに終わりましたが
強風の中で数匹のメバルが相手してくれただけでも感謝です
次こそ湯島に行きますcat
 
関連記事
大矢野 メバル探索(2014.01.16)
天草の天気 潮 水温 釣果情報 etc 釣行前にチェック!(2011.12.20)
 

2014.02.08

2月のバス釣り 冬の野池

今年も はや一ヶ月が過ぎ2月に入っています
例年1月~2月中旬に寒さの底があり
強い寒波があると気温は氷点下になり積雪があったりします
そうなると変温動物であるバスは寒さで活発に動けなくなり
ほとんど捕食をしようとしないため口を使わせることは難しく
シーズンの中でも最も釣りづらい季節になります
 
しかし今年の九州はときおり冷え込むことはあっても
まだ強力な寒波はなく非常に暖かい冬が続いています
過去の天気を見てみても最低気温がマイナスになったことはゼロ
最高気温が15度を超えているような日すらたくさんあります
毎年 難易度の一番高いこの時期のバス釣りを楽しみにしていますが
このまま冬が無いまま春になってしまいそうですbearing
 
2月中旬になり春をおもわせるような暖かい雨が降ると
水まだ冷たくてもバスは産卵を意識して動きはじめ
積極的に捕食するようになり とても良く釣れる季節にかわります
あと一週間ほどで冬のバスフィッシングシーズンが終わってしまいます
 
P2070074
というわけで冬が終わる前に野池をおとずれました
真冬のバス釣りは水の動きの少ない越冬ポイントを探し出し
魚の目の前にルアーをもっていきスローに誘わなければ釣れません
寒さに耐えながら少ないチャンスを待つ厳しい釣りになりますが
これだけ暖かい冬だと秋の巻きの釣りがまだ通用するかもしれません
 
まずはクランクベイトあたりで釣りながらどんな魚の状態か探ります
 
P2070075
プチピーナッツで1匹目
岸際のゴロタ石のはいった小さな変化でヒット
やはり食わせるのが紙一重の真冬の喰い方と違うbearing
 
P2070081
冬は一口サイズのルアーが強いので
プチピーナッツを最初に使いましたが
そこまでする必要はなさそうだ
 
グリフォンにチェンジするとすぐに2匹目
ややサイズアップ
 
その後 グリフォンでさらに小バスを2匹追加
岸際をクランクで打っていくだけで
コンスタントにアタリが続きます
 
P2070091
ワンドの底を ISワスプ で叩いていると
ルアーがひったくられて5匹目
 
P2070094
イントレットの超シャローで6匹目
2月にこんな浅いところでも釣れるか・・・
 
P2070097
この池でルアーが巻ける足場は打ちつくしたので
こういった木の間からルアーを落とまくる釣法で3匹追加
 
P2070095
 
P2070102
 
P2070103
スモラバ+ハゼドン3インチで
まさか釣られるとは思ってなかっただろうcatface
 
日が暮れて暗くなったのでタイムアップ!
昼過ぎからの3時間やって9匹という
やはり真冬の2月とは思えない数がでました
 
今年はこのまま厳しい状況がないまま
冬が終わってしまいそうです
 
真冬のバスフィッシングが楽しめなかったのは残念ですが
とても暖かく過ごしやすい冬だったので
今シーズンは魚たちのコンディションが良くなるかもしれません
ポジティブに捉えて春の爆発を待ちますhappy01
 
関連記事
冬のバス釣りについて(2013.12.09)
バス釣り 真冬のダム湖(2012.01.12)
真冬のバス釣り(2010.01.14)
 

2014.02.07

ドクターミノーの名の由来は?

P2060072
愛用している方も多いのではないでしょうかダイワのDr.ミノー
定価で800円台とプラグとしては比較的リーズナブルな価格で購入でき
大手メーカが長年販売する定番ルアーなので
能力を疑問視することなく安心して投げれる良さがあります
 
ラインナップは5cmと7cmのサイズがあり
F(フローティング)とS(シンキング)と
FS(ファーストシンキング)タイプがラインナップされています
 
P2060068
バスフィッシングでは野池にピッタリなサイズであり
数釣りができるので かなり以前からよく使っていました
定番ルアーなので当たりさわりのない動きをしそうですが
ボディに対して比較的小さめのリップの効果なのか
結構クセあるウネウネした泳ぎをします
そのためトウィッチなどダートさせても釣れますが
ただ巻きで使うのがオススメです
 
トラウトフィッシングでは安価でよく釣れるルアーとして
完全に定着した感があり、近年ではトラウトを意識したカラーの
ラインナップが多くなったように感じます
またメバルやセイゴなどのライトソルトルアーフィッシングでも
時折ヒットルアーとして紹介されているのを見ますし
ソルト向けのフックとカラーを搭載した
ソルティーDr.ミノーなるものも発売されています
ほんとうにターゲットの多い万能なルアーですscissors
 
 
ところでこのルアーを使っていて疑問だったこと
なんでドクターミノーとネーミングしたんでしょうか
いつも釣りをしていてなんでドクターなのか考えてしまいます
昔から釣り雑誌を見ていてもそれに触れた記事は見たことがなく
webでも調べてみましたが名の由来に言及した情報はありませんでした
 
というわけでどうしても気になったので
ダイワさんにメールで問い合わせをしてみました
その回答がこれです
 
>このたびは弊社トラウトミノー「Dr.ミノー」のネーミングに関する
>お問合せをいただきありがとうございます。
>同商品の品名につきましては、特にこれといった意味合いはなく、
>発売当時のトレンド・流行商品やマスコミ情報等を参考に
>企画検討しておりますので、よろしくお願いいたします。
 
う~ん
直接メーカに聞いても正確な答えは頂けませんでした
ネーミングが気になるだけという瑣末な問い合わせなので
軽くあしらわれた気もします(汗)
 
でもよく考えてみよう
発売当時のトレンド・流行商品・・・
 
ドクターミノーが発売された年は定かではありませんが
僕がバス釣りをはじめた15年ほど前には既に店頭で見かけており
おそらくそれより以前の90年代に発売されたと推測されます
 
90年代といえば任天堂から発売された
ファミコン・スーパーファミコン・ゲームボーイなどの
ゲーム機がとても人気を博した時期であり
1990年に『ドクターマリオ』というソフトが発売され
長期に渡り人気のあるゲームとしてよく知られていました
 
推測でしかありませんが
ダイワのルアーの開発者の方が
当時この『ドクターマリオ』というゲームから
連想をしてネーミングを付けたのではないでしょうか?
英語のスペルも『Dr. MINNOW』 『Dr. MARIO』と
どことなく似ているものがありますし
発売当時のトレンドや流行商品を参考にして
ネーミングされているそうなので可能性は高そうです
 
というわけで正確な答えはでませんでしたが
お答えくださったダイワさん お手数おかけ致しました
これからもドクターミノーを愛用して釣りまくらせて頂きますsnow
 
関連記事
ウルトラマンワーム(2012.01.15)
TDバイブレーション(2009.06.03)
  


2014.02.01

下浦の大クス

P1280026
先日の下浦釣行の際にまた名木を見つけました
漁港までの道すがら一目で特別な木だとわかりました
 
P1280027
力強さと歴史を感じる太い樹幹
  
P1280028
下浦船場地区を見守る天満宮
その御神木です
 
P1280030
案内板によると
 
本渡市指定文化財
下浦船場天満宮の大楠
指定年月日 昭和59年1月9日
管理者 船場三区
 
樹齢五百年余りを誇り天草の大楠と言われ、
当地域の「守り木」である。
根回り8.5メートル、樹高は20メートル以上に達する。
四方に枝が繁り天まで届かんばかりに
延びて堂々とした巨木である。
 
本渡市教育委員会

 
P1280036
 
熊本のクスノキといえば熊本市内の藤崎台球場にある
クスノキ群がまず思い出されますが
天草にもこんな立派なクスノキがあったんですね
 
天草に住んでいるだけでは足を運ぶ機会がないような場所でも
釣りを通じていろいろな場を巡ることで生まれる出会いもあります
今回もここ下浦地区で立派な名木を見れて大満足です happy01
 
下浦船場天満宮の場所はココ
 
関連記事
牛深 遠見山の水仙(2011.01.18)
天草の文化財 染岳の板碑(2009.04.21)
天草本渡 広瀬公園(2009.04.01)